万葉集2772番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2772番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2772番について

歌番号

2772番

原文

真野池之|小菅乎笠尓|不縫為<而>|人之遠名乎|可立物可

訓読

真野の池の小菅を笠に縫はずして人の遠名を立つべきものか

かな読み

まののいけの|こすげをかさに|ぬはずして|ひとのとほなを|たつべきものか

カタカナ読み

マノノイケノ|コスゲヲカサニ|ヌハズシテ|ヒトノトホナヲ|タツベキモノカ

ローマ字読み|大文字

MANONOIKENO|KOSUGEOKASANI|NUHAZUSHITE|HITONOTOHONAO|TATSUBEKIMONOKA

ローマ字読み|小文字

manonoikeno|kosugeokasani|nuhazushite|hitonotohonao|tatsubekimonoka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|兵庫県|神戸市|尫柜蹋|恋愛

校異

->而【嘉】【文】【類】【紀】

寛永版本

まののいけの[寛],
こすげをかさに,[寛]こすけをかさに,
ぬはずして,[寛]ぬはすして,
ひとのとほなを[寛],
たつべきものか,[寛]たつへきものか,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました