万葉集2668番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2668番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2668番について

歌番号

2668番

原文

二上尓|隠經月之|雖惜|妹之田本乎|加流類比来

訓読

二上に隠らふ月の惜しけども妹が手本を離るるこのころ

かな読み

ふたかみに|かくらふつきの|をしけども|いもがたもとを|かるるこのころ

カタカナ読み

フタカミニ|カクラフツキノ|ヲシケドモ|イモガタモトヲ|カルルコノコロ

ローマ字読み|大文字

FUTAKAMINI|KAKURAFUTSUKINO|OSHIKEDOMO|IMOGATAMOTO|KARURUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

futakamini|kakurafutsukino|oshikedomo|imogatamoto|karurukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良県|恋愛|序詞

校異

特に無し

寛永版本

ふたかみに[寛],
かくらふつきの,[寛]かくろふつきの,
をしけども,[寛]をしけれと,
いもがたもとを,[寛]いもかたもとを,
かるるこのころ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました