万葉集2793番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2793番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2793番について

歌番号

2793番

原文

玉緒之|間毛不置|欲見|吾思妹者|家遠在而

訓読

玉の緒の間も置かず見まく欲り我が思ふ妹は家遠くありて

かな読み

たまのをの|あひだもおかず|みまくほり|あがおもふいもは|いへどほくありて

カタカナ読み

タマノヲノ|アヒダモオカズ|ミマクホリ|アガオモフイモハ|イヘドホクアリテ

ローマ字読み|大文字

TAMANONO|AHIDAMOKAZU|MIMAKUHORI|AGAOMOFUIMOHA|IHEDOHOKUARITE

ローマ字読み|小文字

tamanono|ahidamokazu|mimakuhori|agaomofuimoha|ihedohokuarite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

たまのをの[寛],
あひだもおかず,[寛]あいたもおかす,
みまくほり[寛],
あがおもふいもは,[寛]わかおもふいもは,
いへどほくありて,[寛]いへとほくありて,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました