万葉集2603番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2603番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2603番について

歌番号

2603番

原文

心乎之|君尓奉跡|念有者|縦比来者|戀乍乎将有

訓読

心をし君に奉ると思へればよしこのころは恋ひつつをあらむ

かな読み

こころをし|きみにまつると|おもへれば|よしこのころは|こひつつをあらむ

カタカナ読み

ココロヲシ|キミニマツルト|オモヘレバ|ヨシコノコロハ|コヒツツヲアラム

ローマ字読み|大文字

KOKOROSHI|KIMINIMATSURUTO|OMOHEREBA|YOSHIKONOKOROHA|KOHITSUTSUOARAMU

ローマ字読み|小文字

kokoroshi|kiminimatsuruto|omohereba|yoshikonokoroha|kohitsutsuoaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

こころをし[寛],
きみにまつると,[寛]きみにまたすと,
おもへれば,[寛]おもへれは,
よしこのころは[寛],
こひつつをあらむ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました