万葉集2695番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2695番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2695番について

歌番号

2695番

原文

吾妹子尓|相縁乎無|駿河有|不盡乃高嶺之|焼管香将有

訓読

我妹子に逢ふよしをなみ駿河なる富士の高嶺の燃えつつかあらむ

かな読み

わぎもこに|あふよしをなみ|するがなる|ふじのたかねの|もえつつかあらむ

カタカナ読み

ワギモコニ|アフヨシヲナミ|スルガナル|フジノタカネノ|モエツツカアラム

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|AFUYOSHIONAMI|SURUGANARU|FUJINOTAKANENO|MOETSUTSUKAARAMU

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|afuyoshionami|suruganaru|fujinotakaneno|moetsutsukaaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|静岡県|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
あふよしをなみ[寛],
するがなる,[寛]するかなる,
ふじのたかねの,[寛]ふしのたかねの,
もえつつかあらむ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました