万葉集2689番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2689番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2689番について

歌番号

2689番

原文

朝露之|消安吾身|雖老|又若反|君乎思将待

訓読

朝露の消やすき我が身老いぬともまたをちかへり君をし待たむ

かな読み

あさつゆの|けやすきあがみ|おいぬとも|またをちかへり|きみをしまたむ

カタカナ読み

アサツユノ|ケヤスキアガミ|オイヌトモ|マタヲチカヘリ|キミヲシマタム

ローマ字読み|大文字

ASATSUYUNO|KEYASUKIAGAMI|OINUTOMO|MATAOCHIKAHERI|KIMIOSHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

asatsuyuno|keyasukiagami|oinutomo|mataochikaheri|kimioshimatamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あさつゆの[寛],
けやすきあがみ,[寛]けやすきわかみ,
おいぬとも,[寛]をいぬとも,
またをちかへり,[寛]またわかかへり,
きみをしまたむ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました