万葉集2488番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2488番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2488番について

歌番号

2488番

原文

礒上|立廻香<樹>|心哀|何深目|念始

訓読

礒の上に立てるむろの木ねもころに何しか深め思ひそめけむ

かな読み

いそのうへに|たてるむろのき|ねもころに|なにしかふかめ|おもひそめけむ

カタカナ読み

イソノウヘニ|タテルムロノキ|ネモコロニ|ナニシカフカメ|オモヒソメケム

ローマ字読み|大文字

ISONOHENI|TATERUMURONOKI|NEMOKORONI|NANISHIKAFUKAME|OMOHISOMEKEMU

ローマ字読み|小文字

isonoheni|taterumuronoki|nemokoroni|nanishikafukame|omohisomekemu

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|植物|序詞|恋情

校異

瀧->樹【万葉考】

寛永版本

いそのうへに[寛],
たてるむろのき,[寛]たちまふたきの,
ねもころに,[寛]こころいたく,
なにしかふかめ,[寛]なにのふかめて,
おもひそめけむ[寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました