万葉集2616番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2616番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2616番について

歌番号

2616番

原文

奥山之|真木<乃>板戸乎|音速見|妹之當乃|<霜>上尓宿奴

訓読

奥山の真木の板戸を音早み妹があたりの霜の上に寝ぬ

かな読み

おくやまの|まきのいたとを|おとはやみ|いもがあたりの|しものうへにねぬ

カタカナ読み

オクヤマノ|マキノイタトヲ|オトハヤミ|イモガアタリノ|シモノウヘニネヌ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|MAKINOITATO|OTOHAYAMI|IMOGAATARINO|SHIMONOHENINENU

ローマ字読み|小文字

okuyamano|makinoitato|otohayami|imogaatarino|shimonoheninenu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

なし

校異

之->乃【嘉】【類】|霜【西(上書訂正)】【嘉】【文】【類】

寛永版本

おくやまの[寛],
まきのいたとを[寛],
おとはやみ[寛],
いもがあたりの,[寛]いもかあたりの,
しものうへにねぬ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました