万葉集2783番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2783番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2783番について

歌番号

2783番

原文

吾妹子之|奈何跡裳吾|不思者|含花之|穂應咲

訓読

我妹子が何とも我れを思はねばふふめる花の穂に咲きぬべし

かな読み

わぎもこが|なにともわれを|おもはねば|ふふめるはなの|ほにさきぬべし

カタカナ読み

ワギモコガ|ナニトモワレヲ|オモハネバ|フフメルハナノ|ホニサキヌベシ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|NANITOMOWAREO|OMOHANEBA|FUFUMERUHANANO|HONISAKINUBESHI

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|nanitomowareo|omohaneba|fufumeruhanano|honisakinubeshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|比喩|恋情

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
なにともわれを[寛],
おもはねば,[寛]おもはねは,
ふふめるはなの[寛],
ほにさきぬべし,[寛]ほにさきぬへし,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました