万葉集2369番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2369番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2369番について

歌番号

2369番

原文

人所寐|味宿不寐|早敷八四|公目尚|欲嘆|[或本歌云|公矣思尓|暁来鴨]

訓読

人の寝る味寐は寝ずてはしきやし君が目すらを欲りし嘆かむ|[或本歌云|君を思ふに明けにけるかも]

かな読み

ひとのぬる|うまいはねずて|はしきやし|きみがめすらを|ほりしなげかむ|[きみをおもふに|あけにけるかも]

カタカナ読み

ヒトノヌル|ウマイハネズテ|ハシキヤシ|キミガメスラヲ|ホリシナゲカム|[キミヲオモフニ|アケニケルカモ]

ローマ字読み|大文字

HITONONURU|UMAIHANEZUTE|HASHIKIYASHI|KIMIGAMESURAO|HORISHINAGEKAMU|[KIMIOMOFUNI|AKENIKERUKAMO]

ローマ字読み|小文字

hitononuru|umaihanezute|hashikiyashi|kimigamesurao|horishinagekamu|[kimiomofuni|akenikerukamo]

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ひとのぬる[寛],
うまいはねずて,[寛]うまいもねすて,
はしきやし[寛],
きみがめすらを,[寛]きみかめをすら,
ほりしなげかむ,[寛]ほしみなけくか,
[きみをおもふに[寛],
あけにけるかも][寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました