万葉集2527番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2527番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2527番について

歌番号

2527番

原文

誰此乃|吾屋戸来喚|足千根乃|母尓所嘖|物思吾呼

訓読

誰れぞこの我が宿来呼ぶたらちねの母に嘖はえ物思ふ我れを

かな読み

たれぞこの|わがやどきよぶ|たらちねの|ははにころはえ|ものもふわれを

カタカナ読み

タレゾコノ|ワガヤドキヨブ|タラチネノ|ハハニコロハエ|モノモフワレヲ

ローマ字読み|大文字

TAREZOKONO|WAGAYADOKIYOBU|TARACHINENO|HAHANIKOROHAE|MONOMOFUWAREO

ローマ字読み|小文字

tarezokono|wagayadokiyobu|tarachineno|hahanikorohae|monomofuwareo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

障害|恋歌|母親|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

たれぞこの,[寛]たれそこの,
わがやどきよぶ,[寛]わかやときよふ,
たらちねの[寛],
ははにころはえ,[寛]ははにいはされ,
ものもふわれを,[寛]ものおもふわれを,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました