万葉集2561番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2561番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2561番について

歌番号

2561番

原文

人事之|繁間守而|相十方八|反吾上尓|事之将繁

訓読

人言の繁き間守りて逢ふともやなほ我が上に言の繁けむ

かな読み

ひとごとの|しげきまもりて|あふともや|なほわがうへに|ことのしげけむ

カタカナ読み

ヒトゴトノ|シゲキマモリテ|アフトモヤ|ナホワガウヘニ|コトノシゲケム

ローマ字読み|大文字

HITOGOTONO|SHIGEKIMAMORITE|AFUTOMOYA|NAHOWAGAUHENI|KOTONOSHIGEKEMU

ローマ字読み|小文字

hitogotono|shigekimamorite|afutomoya|nahowagauheni|kotonoshigekemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恋情|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

ひとごとの,[寛]ひとことの,
しげきまもりて,[寛]しけきまもりて,
あふともや,[寛]あへりとも,
なほわがうへに,[寛]やへわかうへに,
ことのしげけむ,[寛]ことのしけけむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました