万葉集2614番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2614番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2614番について

歌番号

2614番

原文

眉根掻|下言借見|思有尓|去家人乎|相見鶴鴨

訓読

眉根掻き下いふかしみ思へるにいにしへ人を相見つるかも

かな読み

まよねかき|したいふかしみ|おもへるに|いにしへひとを|あひみつるかも

カタカナ読み

マヨネカキ|シタイフカシミ|オモヘルニ|イニシヘヒトヲ|アヒミツルカモ

ローマ字読み|大文字

MAYONEKAKI|SHITAIFUKASHIMI|OMOHERUNI|INISHIHEHITO|AHIMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

mayonekaki|shitaifukashimi|omoheruni|inishihehito|ahimitsurukamo

左注|左註

或本歌<曰>|眉根掻|誰乎香将見跡|思乍|氣長戀之|妹尓相鴨|一書歌曰|眉根掻|下伊布可之美|念有之|妹之容儀乎|今日見都流香裳

事項|分類・ジャンル

女歌

校異

云->曰【嘉】【紀】

寛永版本

まよねかき[寛],
したいふかしみ[寛],
おもへるに[寛],
いにしへひとを[寛],
あひみつるかも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました