万葉集2565番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2565番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集2565番について

歌番号

2565番

原文

花細|葦垣越尓|直一目|相視之兒故|千遍嘆津

訓読

花ぐはし葦垣越しにただ一目相見し子ゆゑ千たび嘆きつ

かな読み

はなぐはし|あしかきごしに|ただひとめ|あひみしこゆゑ|ちたびなげきつ

カタカナ読み

ハナグハシ|アシカキゴシニ|タダヒトメ|アヒミシコユヱ|チタビナゲキツ

ローマ字読み|大文字

HANAGUHASHI|ASHIKAKIGOSHINI|TADAHITOME|AHIMISHIKOYUE|CHITABINAGEKITSU

ローマ字読み|小文字

hanaguhashi|ashikakigoshini|tadahitome|ahimishikoyue|chitabinagekitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|垣間見

校異

特に無し

寛永版本

はなぐはし,[寛]はなくはし,
あしかきごしに,[寛]あしかきこしに,
ただひとめ,[寛]たたひとめ,
あひみしこゆゑ[寛],
ちたびなげきつ,[寛]ちへになけきつ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました