万葉集2756番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2756番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2756番について

歌番号

2756番

原文

月草之|借有命|在人乎|何知而鹿|後毛将相<云>

訓読

月草の借れる命にある人をいかに知りてか後も逢はむと言ふ

かな読み

つきくさの|かれるいのちに|あるひとを|いかにしりてか|のちもあはむといふ

カタカナ読み

ツキクサノ|カレルイノチニ|アルヒトヲ|イカニシリテカ|ノチモアハムトイフ

ローマ字読み|大文字

TSUKIKUSANO|KARERUINOCHINI|ARUHITO|IKANISHIRITEKA|NOCHIMOAHAMUTOIFU

ローマ字読み|小文字

tsukikusano|kareruinochini|aruhito|ikanishiriteka|nochimoahamutoifu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|枕詞|女歌

校異

公->云【西(訂正)】【嘉】【文】【類】

寛永版本

つきくさの[寛],
かれるいのちに,[寛]かりなるいのち,
あるひとを[寛],
いかにしりてか[寛],
のちもあはむといふ,[寛]のちもあはむてふ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました