万葉集2512番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2512番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2512番について

歌番号

2512番

原文

味酒之|三毛侶乃山尓|立月之|見我欲君我|馬之<音>曽為

訓読

味酒のみもろの山に立つ月の見が欲し君が馬の音ぞする

かな読み

うまさけの|みもろのやまに|たつつきの|みがほしきみが|うまのおとぞする

カタカナ読み

ウマサケノ|ミモロノヤマニ|タツツキノ|ミガホシキミガ|ウマノオトゾスル

ローマ字読み|大文字

UMASAKENO|MIMORONOYAMANI|TATSUTSUKINO|MIGAHOSHIKIMIGA|UMANOTOZOSURU

ローマ字読み|小文字

umasakeno|mimoronoyamani|tatsutsukino|migahoshikimiga|umanotozosuru

左注|左註

右三首|以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

非略体|女歌|枕詞|三輪山|奈良|地名

校異

足音->音【嘉】

寛永版本

うまさけの,[寛]うまさかの,
みもろのやまに[寛],
たつつきの[寛],
みがほしきみが,[寛]みかほきわかうまの,
うまのおとぞする,[寛]あのおとそする,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました