万葉集2560番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2560番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2560番について

歌番号

2560番

原文

人毛無|古郷尓|有人乎|愍久也君之|戀尓令死

訓読

人もなき古りにし里にある人をめぐくや君が恋に死なする

かな読み

ひともなき|ふりにしさとに|あるひとを|めぐくやきみが|こひにしなする

カタカナ読み

ヒトモナキ|フリニシサトニ|アルヒトヲ|メグクヤキミガ|コヒニシナスル

ローマ字読み|大文字

HITOMONAKI|FURINISHISATONI|ARUHITO|MEGUKUYAKIMIGA|KOHINISHINASURU

ローマ字読み|小文字

hitomonaki|furinishisatoni|aruhito|megukuyakimiga|kohinishinasuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ひともなき,[寛]ひともなく,
ふりにしさとに[寛],
あるひとを[寛],
めぐくやきみが,[寛]めくくやきみか,
こひにしなする,[寛]こひにしにせむ,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました