万葉集2449番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2449番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2449番について

歌番号

2449番

原文

香山尓|雲位桁曵|於保々思久|相見子等乎|後戀牟鴨

訓読

香具山に雲居たなびきおほほしく相見し子らを後恋ひむかも

かな読み

かぐやまに|くもゐたなびき|おほほしく|あひみしこらを|のちこひむかも

カタカナ読み

カグヤマニ|クモヰタナビキ|オホホシク|アヒミシコラヲ|ノチコヒムカモ

ローマ字読み|大文字

KAGUYAMANI|KUMOITANABIKI|OHOHOSHIKU|AHIMISHIKORAO|NOCHIKOHIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

kaguyamani|kumoitanabiki|ohohoshiku|ahimishikorao|nochikohimukamo

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

非略体|飛鳥|地名|奈良|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かぐやまに,[寛]かくやまに,
くもゐたなびき,[寛]くもゐたなひき,
おほほしく[寛],
あひみしこらを[寛],
のちこひむかも[寛],

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました