万葉集2468番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2468番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2468番について

歌番号

2468番

原文

<湖>葦|交在草|知草|人皆知|吾裏念

訓読

港葦に交じれる草のしり草の人皆知りぬ我が下思ひは

かな読み

みなとあしに|まじれるくさの|しりくさの|ひとみなしりぬ|わがしたもひは

カタカナ読み

ミナトアシニ|マジレルクサノ|シリクサノ|ヒトミナシリヌ|ワガシタモヒハ

ローマ字読み|大文字

MINATOASHINI|MAJIRERUKUSANO|SHIRIKUSANO|HITOMINASHIRINU|WAGASHITAMOHIHA

ローマ字読み|小文字

minatoashini|majirerukusano|shirikusano|hitominashirinu|wagashitamohiha

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|尫柜蹋|序詞|恋情|植物

校異

潮->湖【類】【古】

寛永版本

みなとあしに[寛],
まじれるくさの,[寛]ましれるくさの,
しりくさの[寛],
ひとみなしりぬ[寛],
わがしたもひは,[寛]わかしたおもひ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました