万葉集2692番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2692番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2692番について

歌番号

2692番

原文

夕凝|霜置来|朝戸出<尓>|甚踐而|人尓所知名

訓読

夕凝りの霜置きにけり朝戸出にいたくし踏みて人に知らゆな

かな読み

ゆふこりの|しもおきにけり|あさとでに|いたくしふみて|ひとにしらゆな

カタカナ読み

ユフコリノ|シモオキニケリ|アサトデニ|イタクシフミテ|ヒトニシラユナ

ローマ字読み|大文字

YUFUKORINO|SHIMOKINIKERI|ASATODENI|ITAKUSHIFUMITE|HITONISHIRAYUNA

ローマ字読み|小文字

yufukorino|shimokinikeri|asatodeni|itakushifumite|hitonishirayuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|女歌

校異

->尓【嘉】【文】【紀】

寛永版本

ゆふこりの[寛],
しもおきにけり[寛],
あさとでに,[寛]あさといてに,
いたくしふみて,[寛]あとふみつけて,
ひとにしらゆな,[寛]ひとにしらるな,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました