万葉集2725番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2725番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2725番について

歌番号

2725番

原文

白細<砂>|三津之黄土|色出而|不云耳衣|我戀樂者

訓読

白真砂御津の埴生の色に出でて言はなくのみぞ我が恋ふらくは

かな読み

しらまなご|みつのはにふの|いろにいでて|いはなくのみぞ|あがこふらくは

カタカナ読み

シラマナゴ|ミツノハニフノ|イロニイデテ|イハナクノミゾ|アガコフラクハ

ローマ字読み|大文字

SHIRAMANAGO|MITSUNOHANIFUNO|IRONIIDETE|IHANAKUNOMIZO|AGAKOFURAKUHA

ローマ字読み|小文字

shiramanago|mitsunohanifuno|ironiidete|ihanakunomizo|agakofurakuha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪府|序詞|尫柜蹋|恋情

校異

妙->砂【嘉】【文】【類】【紀】

寛永版本

しらまなご,[寛]しらまなこ,
みつのはにふの[寛],
いろにいでて,[寛]いろにいてて,
いはなくのみぞ,[寛]いはすてのみそ,
あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました