万葉集2550番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2550番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2550番について

歌番号

2550番

原文

立念|居毛曽念|紅之|赤裳下引|去之儀乎

訓読

立ちて思ひ居てもぞ思ふ紅の赤裳裾引き去にし姿を

かな読み

たちておもひ|ゐてもぞおもふ|くれなゐの|あかもすそびき|いにしすがたを

カタカナ読み

タチテオモヒ|ヰテモゾオモフ|クレナヰノ|アカモスソビキ|イニシスガタヲ

ローマ字読み|大文字

TACHITEOMOHI|ITEMOZOMOFU|KURENAINO|AKAMOSUSOBIKI|INISHISUGATAO

ローマ字読み|小文字

tachiteomohi|itemozomofu|kurenaino|akamosusobiki|inishisugatao

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

たちておもひ[寛],
ゐてもぞおもふ,[寛]ゐてもそおもふ,
くれなゐの[寛],
あかもすそびき,[寛]あかもすそひき,
いにしすがたを,[寛]いにしすかたを,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました