万葉集2810番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2810番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2810番について

歌番号

2810番

原文

音耳乎|聞而哉戀|犬馬鏡|<直目>相而|戀巻裳太口

訓読

音のみを聞きてや恋ひむまそ鏡直目に逢ひて恋ひまくもいたく

かな読み

おとのみを|ききてやこひむ|まそかがみ|ただめにあひて|こひまくもいたく

カタカナ読み

オトノミヲ|キキテヤコヒム|マソカガミ|タダメニアヒテ|コヒマクモイタク

ローマ字読み|大文字

OTONOMIO|KIKITEYAKOHIMU|MASOKAGAMI|TADAMENIAHITE|KOHIMAKUMOITAKU

ローマ字読み|小文字

otonomio|kikiteyakohimu|masokagami|tadameniahite|kohimakumoitaku

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

目直->直目【新校】

寛永版本

おとのみを[寛],
ききてやこひむ[寛],
まそかがみ,[寛]まそかかみ,
ただめにあひて,[寛]めにたたにみて,
こひまくもいたく,[寛]こひまくもおほく,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました