万葉集2362番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2362番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2362番について

歌番号

2362番

原文

開木代|来背若子|欲云余|相狭丸|吾欲云|開木代来背

訓読

山背の久背の若子が欲しと言ふ我れあふさわに我れを欲しと言ふ山背の久世

かな読み

やましろの|くせのわくごが|ほしといふわれ|あふさわに|われをほしといふ|やましろのくぜ

カタカナ読み

ヤマシロノ|クセノワクゴガ|ホシトイフワレ|アフサワニ|ワレヲホシトイフ|ヤマシロノクゼ

ローマ字読み|大文字

YAMASHIRONO|KUSENOWAKUGOGA|HOSHITOIFUWARE|AFUSAWANI|WAREOHOSHITOIFU|YAMASHIRONOKUZE

ローマ字読み|小文字

yamashirono|kusenowakugoga|hoshitoifuware|afusawani|wareohoshitoifu|yamashironokuze

左注|左註

右十二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|地名|京都|求婚|旋頭歌

校異

歌【西】謌

寛永版本

やましろの[寛],
くせのわくごが,[寛]くせのわかこか,
ほしといふわれ[寛],
あふさわに[寛],
われをほしといふ,[寛]わかほしといふ,
やましろのくぜ,[寛]やましろのくせ,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました