万葉集2760番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2760番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2760番について

歌番号

2760番

原文

足桧之|山澤徊具乎|採将去|日谷毛相<為>|母者責十方

訓読

あしひきの山沢ゑぐを摘みに行かむ日だにも逢はせ母は責むとも

かな読み

あしひきの|やまさはゑぐを|つみにゆかむ|ひだにもあはせ|はははせむとも

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマサハヱグヲ|ツミニユカム|ヒダニモアハセ|ハハハセムトモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASAHAEGUO|TSUMINIYUKAMU|HIDANIMOAHASE|HAHAHASEMUTOMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamasahaeguo|tsuminiyukamu|hidanimoahase|hahahasemutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|植物|女歌|恋情

校異

将->為【嘉】【類】

寛永版本

あしひきの[寛],
やまさはゑぐを,[寛]やまさはゑくを,
つみにゆかむ,[寛]つみゆかむ,
ひだにもあはせ,[寛]ひたにもあはむ,
はははせむとも,[寛]はははいふとも,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました