万葉集2610番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2610番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2610番について

歌番号

2610番

原文

夜干玉之|吾黒髪乎|引奴良思|乱而反|戀度鴨

訓読

ぬばたまの我が黒髪を引きぬらし乱れてさらに恋ひわたるかも

かな読み

ぬばたまの|わがくろかみを|ひきぬらし|みだれてさらに|こひわたるかも

カタカナ読み

ヌバタマノ|ワガクロカミヲ|ヒキヌラシ|ミダレテサラニ|コヒワタルカモ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|WAGAKUROKAMIO|HIKINURASHI|MIDARETESARANI|KOHIWATARUKAMO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|wagakurokamio|hikinurashi|midaretesarani|kohiwatarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
わがくろかみを,[寛]わかくろかみを,
ひきぬらし[寛],
みだれてさらに,[寛]みたれてかへり,
こひわたるかも[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました