万葉集2697番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2697番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2697番について

歌番号

2697番

原文

妹之名毛|吾名毛立者|惜社|布仕能高嶺之|燎乍渡

訓読

妹が名も我が名も立たば惜しみこそ富士の高嶺の燃えつつわたれ

かな読み

いもがなも|わがなもたたば|をしみこそ|ふじのたかねの|もえつつわたれ

カタカナ読み

イモガナモ|ワガナモタタバ|ヲシミコソ|フジノタカネノ|モエツツワタレ

ローマ字読み|大文字

IMOGANAMO|WAGANAMOTATABA|OSHIMIKOSO|FUJINOTAKANENO|MOETSUTSUWATARE

ローマ字読み|小文字

imoganamo|waganamotataba|oshimikoso|fujinotakaneno|moetsutsuwatare

左注|左註

或歌曰|君名毛|妾名毛立者|惜己曽|不盡乃高山之|燎乍毛居

事項|分類・ジャンル

地名|静岡県|名前|尫柜蹋|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

いもがなも,[寛]いもかなも,
わがなもたたば,[寛]わかなもたたは,
をしみこそ[寛],
ふじのたかねの,[寛]ふしのたかねの,
もえつつわたれ[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました