万葉集2821番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2821番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2821番について

歌番号

2821番

原文

木間従|移歴月之|影惜|俳徊尓|左夜深去家里

訓読

木の間より移ろふ月の影を惜しみ立ち廻るにさ夜更けにけり

かな読み

このまより|うつろふつきの|かげををしみ|たちもとほるに|さよふけにけり

カタカナ読み

コノマヨリ|ウツロフツキノ|カゲヲヲシミ|タチモトホルニ|サヨフケニケリ

ローマ字読み|大文字

KONOMAYORI|UTSUROFUTSUKINO|KAGEOSHIMI|TACHIMOTOHORUNI|SAYOFUKENIKERI

ローマ字読み|小文字

konomayori|utsurofutsukino|kageoshimi|tachimotohoruni|sayofukenikeri

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

恋愛

校異

特に無し

寛永版本

このまより[寛],
うつろふつきの[寛],
かげををしみ,[寛]かけをしみ,
たちもとほるに,[寛]たちやすらふに,
さよふけにけり[寛],

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました