万葉集2386番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2386番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2386番について

歌番号

2386番

原文

石尚|行應通|建男|戀云事|後悔在

訓読

巌すら行き通るべきますらをも恋といふことは後悔いにけり

かな読み

いはほすら|ゆきとほるべき|ますらをも|こひといふことは|のちくいにけり

カタカナ読み

イハホスラ|ユキトホルベキ|マスラヲモ|コヒトイフコトハ|ノチクイニケリ

ローマ字読み|大文字

IHAHOSURA|YUKITOHORUBEKI|MASURAOMO|KOHITOIFUKOTOHA|NOCHIKUINIKERI

ローマ字読み|小文字

ihahosura|yukitohorubeki|masuraomo|kohitoifukotoha|nochikuinikeri

左注|左註

以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いはほすら[寛],
ゆきとほるべき,[寛]ゆきとほるへき,
ますらをも[寛],
こひといふことは,[寛]こひてふことは,
のちくいにけり,[寛]のちのくゐあり,

巻数

第11巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました