万葉集2343番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2343番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2343番について

歌番号

2343番

原文

吾背子之|言愛美|出去者|裳引将知|雪勿零

訓読

我が背子が言うるはしみ出でて行かば裳引きしるけむ雪な降りそね

かな読み

わがせこが|ことうるはしみ|いでてゆかば|もびきしるけむ|ゆきなふりそね

カタカナ読み

ワガセコガ|コトウルハシミ|イデテユカバ|モビキシルケム|ユキナフリソネ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|KOTORUHASHIMI|IDETEYUKABA|MOBIKISHIRUKEMU|YUKINAFURISONE

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|kotoruhashimi|ideteyukaba|mobikishirukemu|yukinafurisone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|逢会

校異

特に無し

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
ことうるはしみ,[寛]ことうつくしみ,
いでてゆかば,[寛]いててゆけは,
もびきしるけむ,[寛]もひきもしらむ,
ゆきなふりそね,[寛]ゆきなふりこそ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました