万葉集1882番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1882番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1882番について

歌番号

1882番

原文

春野尓|意将述跡|<念>共|来之今日者|不晩毛荒粳

訓読

春の野に心延べむと思ふどち来し今日の日は暮れずもあらぬか

かな読み

はるののに|こころのべむと|おもふどち|こしけふのひは|くれずもあらぬか

カタカナ読み

ハルノノニ|ココロノベムト|オモフドチ|コシケフノヒハ|クレズモアラヌカ

ローマ字読み|大文字

HARUNONONI|KOKORONOBEMUTO|OMOFUDOCHI|KOSHIKEFUNOHIHA|KUREZUMOARANUKA

ローマ字読み|小文字

harunononi|kokoronobemuto|omofudochi|koshikefunohiha|kurezumoaranuka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|野遊び

校異

命->念【西(訂正)】【類】【古】【紀】

寛永版本

はるののに[寛],
こころのべむと,[寛]こころやらむと,
おもふどち,[寛]おもふとち,
こしけふのひは,[寛]きたりしけふは,
くれずもあらぬか,[寛]くれすもあらぬか,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました