万葉集2056番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2056番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2056番について

歌番号

2056番

原文

天<漢>|打橋度|妹之家道|不止通|時不待友

訓読

天の川打橋渡せ妹が家道やまず通はむ時待たずとも

かな読み

あまのがは|うちはしわたせ|いもがいへぢ|やまずかよはむ|ときまたずとも

カタカナ読み

アマノガハ|ウチハシワタセ|イモガイヘヂ|ヤマズカヨハム|トキマタズトモ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|UCHIHASHIWATASE|IMOGAIHEJI|YAMAZUKAYOHAMU|TOKIMATAZUTOMO

ローマ字読み|小文字

amanogaha|uchihashiwatase|imogaiheji|yamazukayohamu|tokimatazutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

河->漢【元】【類】【紀】

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
うちはしわたせ,[寛]うちはしわたす,
いもがいへぢ,[寛]いもかいへち,
やまずかよはむ,[寛]やますかよはむ,
ときまたずとも,[寛]ときまたすとも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました