万葉集1865番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1865番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1865番について

歌番号

1865番

原文

打靡|春避来之|山際|最木末乃|咲徃見者

訓読

うち靡く春さり来らし山の際の遠き木末の咲きゆく見れば

かな読み

うちなびく|はるさりくらし|やまのまの|とほきこぬれの|さきゆくみれば

カタカナ読み

ウチナビク|ハルサリクラシ|ヤマノマノ|トホキコヌレノ|サキユクミレバ

ローマ字読み|大文字

UCHINABIKU|HARUSARIKURASHI|YAMANOMANO|TOHOKIKONURENO|SAKIYUKUMIREBA

ローマ字読み|小文字

uchinabiku|harusarikurashi|yamanomano|tohokikonureno|sakiyukumireba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|季節|叙景

校異

特に無し

寛永版本

うちなびく,[寛]うちなひき,
はるさりくらし[寛],
やまのまの,[寛]やまのはの,
とほきこぬれの,[寛]ひさきのすゑの,
さきゆくみれば,[寛]さきゆくみれは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました