万葉集2330番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2330番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2330番について

歌番号

2330番

原文

為妹|末枝梅乎|手折登波|下枝之露尓|沾<尓>家類可聞

訓読

妹がためほつ枝の梅を手折るとは下枝の露に濡れにけるかも

かな読み

いもがため|ほつえのうめを|たをるとは|しづえのつゆに|ぬれにけるかも

カタカナ読み

イモガタメ|ホツエノウメヲ|タヲルトハ|シヅエノツユニ|ヌレニケルカモ

ローマ字読み|大文字

IMOGATAME|HOTSUENOMEO|TAORUTOHA|SHIZUENOTSUYUNI|NURENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

imogatame|hotsuenomeo|taorutoha|shizuenotsuyuni|nurenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

->尓【元】【類】

寛永版本

いもがため,[寛]いもかため,
ほつえのうめを[寛],
たをるとは[寛],
しづえのつゆに,[寛]しつえのつゆに,
ぬれにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました