万葉集1867番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1867番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1867番について

歌番号

1867番

原文

阿保山之|佐宿木花者|今日毛鴨|散乱|見人無二

訓読

阿保山の桜の花は今日もかも散り乱ふらむ見る人なしに

かな読み

あほやまの|さくらのはなは|けふもかも|ちりまがふらむ|みるひとなしに

カタカナ読み

アホヤマノ|サクラノハナハ|ケフモカモ|チリマガフラム|ミルヒトナシニ

ローマ字読み|大文字

AHOYAMANO|SAKURANOHANAHA|KEFUMOKAMO|CHIRIMAGAFURAMU|MIRUHITONASHINI

ローマ字読み|小文字

ahoyamano|sakuranohanaha|kefumokamo|chirimagafuramu|miruhitonashini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|地名|植物|哀惜

校異

特に無し

寛永版本

あほやまの[寛],
さくらのはなは,[寛]さねきのはなは,
けふもかも[寛],
ちりまがふらむ,[寛]ちりまかふらむ,
みるひとなしに[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました