万葉集1820番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1820番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1820番について

歌番号

1820番

原文

梅花|開有岳邊尓|家居者|乏毛不有|鴬之音

訓読

梅の花咲ける岡辺に家居れば乏しくもあらず鴬の声

かな読み

うめのはな|さけるをかへに|いへをれば|ともしくもあらず|うぐひすのこゑ

カタカナ読み

ウメノハナ|サケルヲカヘニ|イヘヲレバ|トモシクモアラズ|ウグヒスノコヱ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SAKERUOKAHENI|IHEOREBA|TOMOSHIKUMOARAZU|UGUHISUNOKOE

ローマ字読み|小文字

umenohana|sakeruokaheni|iheoreba|tomoshikumoarazu|uguhisunokoe

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
さけるをかへに[寛],
いへをれば,[寛]いへゐせは,
ともしくもあらず,[寛]ともしくもあらし,
うぐひすのこゑ,[寛]うくひすのこゑ

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました