万葉集2342番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2342番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2342番について

歌番号

2342番

原文

如夢|君乎相見而|天霧之|落来雪之|可消所念

訓読

夢のごと君を相見て天霧らし降りくる雪の消ぬべく思ほゆ

かな読み

いめのごと|きみをあひみて|あまぎらし|ふりくるゆきの|けぬべくおもほゆ

カタカナ読み

イメノゴト|キミヲアヒミテ|アマギラシ|フリクルユキノ|ケヌベクオモホユ

ローマ字読み|大文字

IMENOGOTO|KIMIOAHIMITE|AMAGIRASHI|FURIKURUYUKINO|KENUBEKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

imenogoto|kimioahimite|amagirashi|furikuruyukino|kenubekuomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

いめのごと,[寛]ゆめのこと,
きみをあひみて[寛],
あまぎらし,[寛]あまきらし,
ふりくるゆきの[寛],
けぬべくおもほゆ,[寛]けぬへくおもほゆ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました