万葉集2165番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2165番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2165番について

歌番号

2165番

原文

上瀬尓|河津妻呼|暮去者|衣手寒三|妻将枕跡香

訓読

上つ瀬にかはづ妻呼ぶ夕されば衣手寒み妻まかむとか

かな読み

かみつせに|かはづつまよぶ|ゆふされば|ころもでさむみ|つままかむとか

カタカナ読み

カミツセニ|カハヅツマヨブ|ユフサレバ|コロモデサムミ|ツママカムトカ

ローマ字読み|大文字

KAMITSUSENI|KAHAZUTSUMAYOBU|YUFUSAREBA|KOROMODESAMUMI|TSUMAMAKAMUTOKA

ローマ字読み|小文字

kamitsuseni|kahazutsumayobu|yufusareba|koromodesamumi|tsumamakamutoka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物

校異

特に無し

寛永版本

かみつせに[寛],
かはづつまよぶ,[寛]かはつつまよふ,
ゆふされば,[寛]ゆふされは,
ころもでさむみ,[寛]ころもてさむみ,
つままかむとか[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました