万葉集2328番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2328番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2328番について

歌番号

2328番

原文

来可視|人毛不有尓|吾家有|梅<之>早花|落十方吉

訓読

来て見べき人もあらなくに我家なる梅の初花散りぬともよし

かな読み

きてみべき|ひともあらなくに|わぎへなる|うめのはつはな|ちりぬともよし

カタカナ読み

キテミベキ|ヒトモアラナクニ|ワギヘナル|ウメノハツハナ|チリヌトモヨシ

ローマ字読み|大文字

KITEMIBEKI|HITOMOARANAKUNI|WAGIHENARU|UMENOHATSUHANA|CHIRINUTOMOYOSHI

ローマ字読み|小文字

kitemibeki|hitomoaranakuni|wagihenaru|umenohatsuhana|chirinutomoyoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

->之【元】【類】【紀】

寛永版本

きてみべき,[寛]きてみへき,
ひともあらなくに[寛],
わぎへなる,[寛]わきへなる,
うめのはつはな[寛],
ちりぬともよし,[寛]てりぬともよし,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました