万葉集2223番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2223番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2223番について

歌番号

2223番

原文

天海|月船浮|桂梶|懸而滂所見|月人<壮>子

訓読

天の海に月の舟浮け桂楫懸けて漕ぐ見ゆ月人壮士

かな読み

あめのうみに|つきのふねうけ|かつらかぢ|かけてこぐみゆ|つきひとをとこ

カタカナ読み

アメノウミニ|ツキノフネウケ|カツラカヂ|カケテコグミユ|ツキヒトヲトコ

ローマ字読み|大文字

AMENOMINI|TSUKINOFUNEUKE|KATSURAKAJI|KAKETEKOGUMIYU|TSUKIHITOTOKO

ローマ字読み|小文字

amenomini|tsukinofuneuke|katsurakaji|kaketekogumiyu|tsukihitotoko

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

牡->壮【類】【紀】【温】

寛永版本

あめのうみに[寛],
つきのふねうけ[寛],
かつらかぢ,[寛]かつらかち,
かけてこぐみゆ,[寛]かけてこくみゆ,
つきひとをとこ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました