万葉集2106番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2106番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2106番について

歌番号

2106番

原文

沙額田乃|野邊乃秋芽子|時有者|今盛有|折而将挿頭

訓読

沙額田の野辺の秋萩時なれば今盛りなり折りてかざさむ

かな読み

さぬかたの|のへのあきはぎ|ときなれば|いまさかりなり|をりてかざさむ

カタカナ読み

サヌカタノ|ノヘノアキハギ|トキナレバ|イマサカリナリ|ヲリテカザサム

ローマ字読み|大文字

SANUKATANO|NOHENOAKIHAGI|TOKINAREBA|IMASAKARINARI|ORITEKAZASAMU

ローマ字読み|小文字

sanukatano|nohenoakihagi|tokinareba|imasakarinari|oritekazasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

さぬかたの[寛],
のへのあきはぎ,[寛]のへのあきはき,
ときなれば,[寛]ときしあれは,
いまさかりなり[寛],
をりてかざさむ,[寛]をりてかささむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました