万葉集2252番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2252番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2252番について

歌番号

2252番

原文

秋芽子之|開散野邊之|暮露尓|沾乍来益|夜者深去鞆

訓読

秋萩の咲き散る野辺の夕露に濡れつつ来ませ夜は更けぬとも

かな読み

あきはぎの|さきちるのへの|ゆふつゆに|ぬれつつきませ|よはふけぬとも

カタカナ読み

アキハギノ|サキチルノヘノ|ユフツユニ|ヌレツツキマセ|ヨハフケヌトモ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINO|SAKICHIRUNOHENO|YUFUTSUYUNI|NURETSUTSUKIMASE|YOHAFUKENUTOMO

ローマ字読み|小文字

akihagino|sakichirunoheno|yufutsuyuni|nuretsutsukimase|yohafukenutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|勧誘

校異

鞆【元】【類】【紀】韓

寛永版本

あきはぎの,[寛]あきはきの,
さきちるのへの[寛],
ゆふつゆに[寛],
ぬれつつきませ[寛],
よはふけぬとも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました