万葉集2061番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2061番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2061番について

歌番号

2061番

原文

天河|白浪高|吾戀|公之舟出者|今為下

訓読

天の川白波高し我が恋ふる君が舟出は今しすらしも

かな読み

あまのがは|しらなみたかし|あがこふる|きみがふなでは|いましすらしも

カタカナ読み

アマノガハ|シラナミタカシ|アガコフル|キミガフナデハ|イマシスラシモ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|SHIRANAMITAKASHI|AGAKOFURU|KIMIGAFUNADEHA|IMASHISURASHIMO

ローマ字読み|小文字

amanogaha|shiranamitakashi|agakofuru|kimigafunadeha|imashisurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
しらなみたかし,[寛]しらなみたかく,
あがこふる,[寛]わかこふる,
きみがふなでは,[寛]きみかふなては,
いましすらしも,[寛]いまそすらしも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました