万葉集1856番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1856番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1856番について

歌番号

1856番

原文

我刺|柳絲乎|吹乱|風尓加妹之|梅乃散覧

訓読

我がかざす柳の糸を吹き乱る風にか妹が梅の散るらむ

かな読み

わがかざす|やなぎのいとを|ふきみだる|かぜにかいもが|うめのちるらむ

カタカナ読み

ワガカザス|ヤナギノイトヲ|フキミダル|カゼニカイモガ|ウメノチルラム

ローマ字読み|大文字

WAGAKAZASU|YANAGINOITO|FUKIMIDARU|KAZENIKAIMOGA|UMENOCHIRURAMU

ローマ字読み|小文字

wagakazasu|yanaginoito|fukimidaru|kazenikaimoga|umenochiruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

わがかざす,[寛]わかかさす,
やなぎのいとを,[寛]やなきのいとを,
ふきみだる,[寛]ふきみたる,
かぜにかいもが,[寛]かせにかいもか,
うめのちるらむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました