万葉集2130番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2130番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2130番について

歌番号

2130番

原文

吾屋戸尓|鳴之鴈哭|雲上尓|今夜喧成|國方可聞遊群

訓読

我が宿に鳴きし雁がね雲の上に今夜鳴くなり国へかも行く

かな読み

わがやどに|なきしかりがね|くものうへに|こよひなくなり|くにへかもゆく

カタカナ読み

ワガヤドニ|ナキシカリガネ|クモノウヘニ|コヨヒナクナリ|クニヘカモユク

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONI|NAKISHIKARIGANE|KUMONOHENI|KOYOHINAKUNARI|KUNIHEKAMOYUKU

ローマ字読み|小文字

wagayadoni|nakishikarigane|kumonoheni|koyohinakunari|kunihekamoyuku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどに,[寛]わかやとに,
なきしかりがね,[寛]なきしかりかね,
くものうへに[寛],
こよひなくなり[寛],
くにへかもゆく,[寛]くにつかたかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました