万葉集1877番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1877番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1877番について

歌番号

1877番

原文

春之雨尓|有来物乎|立隠|妹之家道尓|此日晩都

訓読

春の雨にありけるものを立ち隠り妹が家道にこの日暮らしつ

かな読み

はるのあめに|ありけるものを|たちかくり|いもがいへぢに|このひくらしつ

カタカナ読み

ハルノアメニ|アリケルモノヲ|タチカクリ|イモガイヘヂニ|コノヒクラシツ

ローマ字読み|大文字

HARUNOAMENI|ARIKERUMONO|TACHIKAKURI|IMOGAIHEJINI|KONOHIKURASHITSU

ローマ字読み|小文字

harunoameni|arikerumono|tachikakuri|imogaihejini|konohikurashitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

はるのあめに[寛],
ありけるものを[寛],
たちかくり,[寛]たちかくれ,
いもがいへぢに,[寛]いもかいへちに,
このひくらしつ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました