万葉集2316番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2316番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2316番について

歌番号

2316番

原文

奈良山乃|峯尚霧合|宇倍志社|前垣之下乃|雪者不消家礼

訓読

奈良山の嶺なほ霧らふうべしこそ籬が下の雪は消ずけれ

かな読み

ならやまの|みねなほきらふ|うべしこそ|まがきがしたの|ゆきはけずけれ

カタカナ読み

ナラヤマノ|ミネナホキラフ|ウベシコソ|マガキガシタノ|ユキハケズケレ

ローマ字読み|大文字

NARAYAMANO|MINENAHOKIRAFU|UBESHIKOSO|MAGAKIGASHITANO|YUKIHAKEZUKERE

ローマ字読み|小文字

narayamano|minenahokirafu|ubeshikoso|magakigashitano|yukihakezukere

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|奈良|地名|季節

校異

特に無し

寛永版本

ならやまの[寛],
みねなほきらふ,[寛]みねなほきりあふ,
うべしこそ,[寛]うへしこそ,
まがきがしたの,[寛]まかきのしたの,
ゆきはけずけれ,[寛]ゆきはけすけれ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました