万葉集2201番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2201番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2201番について

歌番号

2201番

原文

妹許跡|馬鞍置而|射駒山|撃越来者|紅葉散筒

訓読

妹がりと馬に鞍置きて生駒山うち越え来れば黄葉散りつつ

かな読み

いもがりと|うまにくらおきて|いこまやま|うちこえくれば|もみちちりつつ

カタカナ読み

イモガリト|ウマニクラオキテ|イコマヤマ|ウチコエクレバ|モミチチリツツ

ローマ字読み|大文字

IMOGARITO|UMANIKURAOKITE|IKOMAYAMA|UCHIKOEKUREBA|MOMICHICHIRITSUTSU

ローマ字読み|小文字

imogarito|umanikuraokite|ikomayama|uchikoekureba|momichichiritsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良県|地名|植物|季節|属目

校異

特に無し

寛永版本

いもがりと,[寛]いもかりと,
うまにくらおきて[寛],
いこまやま[寛],
うちこえくれば,[寛]うちこえくれは,
もみちちりつつ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました