万葉集1833番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1833番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1833番について

歌番号

1833番

原文

梅花|零覆雪乎|褁持|君令見跡|取者消管

訓読

梅の花降り覆ふ雪を包み持ち君に見せむと取れば消につつ

かな読み

うめのはな|ふりおほふゆきを|つつみもち|きみにみせむと|とればけにつつ

カタカナ読み

ウメノハナ|フリオホフユキヲ|ツツミモチ|キミニミセムト|トレバケニツツ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|FURIOHOFUYUKIO|TSUTSUMIMOCHI|KIMINIMISEMUTO|TOREBAKENITSUTSU

ローマ字読み|小文字

umenohana|furiohofuyukio|tsutsumimochi|kiminimisemuto|torebakenitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
ふりおほふゆきを,[寛]ふりををふゆきを,
つつみもち,[寛]つつみもて,
きみにみせむと[寛],
とればけにつつ,[寛]とれはきへつつ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました