万葉集2113番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2113番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2113番について

歌番号

2113番

原文

手寸<十>名相|殖之名知久|出見者|屋前之早芽子|咲尓家類香聞

訓読

手寸十名相植ゑしなしるく出で見れば宿の初萩咲きにけるかも

かな読み

*****|うゑしなしるく|いでみれば|やどのはつはぎ|さきにけるかも

カタカナ読み

*****|ウヱシナシルク|イデミレバ|ヤドノハツハギ|サキニケルカモ

ローマ字読み|大文字

*****|UESHINASHIRUKU|IDEMIREBA|YADONOHATSUHAGI|SAKINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

*****|ueshinashiruku|idemireba|yadonohatsuhagi|sakinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|難訓

校異

->十【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

*****,[寛]たきそなへ,
うゑしなしるく[寛],
いでみれば,[寛]いてみれは,
やどのはつはぎ,[寛]やとのはつはき,
さきにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました